FC2ブログ

読書日記その168 「エジソン脳をつくる脳活読書術」



   「エジソン脳をつくる脳活読書術」 西田文郎 著

読書法の本は今までも何冊か読んでるので、そう目新しい読書法は書かれてるとは感じませんでしたが、脳科学の視点から読書というものに切り込んでいる点は興味深かったです。

「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」のエジソンの言葉には誤解があって99%の努力の重要性に言及した言葉ではなく、「1%のひらめきがなければ99%の努力は無駄である」という1%のひらめきの重要性を説いた言葉だそうです。

ひらめきがなければ努力が無駄になる......

ええ==========!!(((;゜Д゜))




知識の低さは、間違いなく意識の低さから起こる

本を読んで結果がでない人は、入力するだけで出力していない

小さい頃に伝記を読んでおくのは、心の教育にとって重要なこと
利他の心が自然と養われる

「できる人」ではなく「できた人」を目指す

「できる人」は謙虚さがなく相手を見下して威張る傾向がある
「できた人」は会社を辞めても会いたいと思うような社長や上司

人間はなかなかひらめきの内容を覚えることはできない。
ひらめいたらメモ

成功する人はみんなメモ魔

「ひらめき1回1億円」

せっかく読書するなら、読んでる時のひらめきは「1回1億円以上の価値がある」と思って読まなければ時間の無駄

考えてるだけより、まだ行動してるだけのほうが、成長につながる

本を読んで、行動しよう


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポワルのほほえみ

Author:ポワルのほほえみ
ポワルのほほえみは亀田駅近くのおいしいシュークリームとロールケーキのお店です。

ポワルのほほえみHPへ

facebookはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード