FC2ブログ

読書日記その147 「竜馬がゆく 3」

P1000398.jpg

         「竜馬がゆく 3」

黒船が来航してから当時の日本では攘夷論(外国人を打ち倒す)と開国論(外国人を受け入れる)と二分されます。

しかし幕府の開国論は外国に屈することで、長州、薩摩、土佐藩士は反発し、各地で事件や暗殺が繰り広げられます。

そんななか坂本龍馬だけが、開国して外国の文化を吸収し経済というものを造り上げそしてその経済力を上げることこそ外国人を打ち倒す事だと考えます。

現代では当たり前の事ですが、当時の日本では攘夷論でもあり開国論でもある竜馬の考え方は単なるホラ吹きと思われたようです。

そういった点で竜馬の先見性の高さというものはスゴいと思いました。。。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポワルのほほえみ

Author:ポワルのほほえみ
ポワルのほほえみは亀田駅近くのおいしいシュークリームとロールケーキのお店です。

ポワルのほほえみHPへ

facebookはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード