FC2ブログ

論語日記その14 学而第一の一四

学而第一の一四
子曰く「君子は食飽かんことを求むることなく
居(きょ)安からんことを求むるなく
事に敏にして言に慎み
有道に就きて正す
学を好むと謂(い)うべきなり。」



先生が言われた。
「貴族はごちそうをたらふく食べることを求めず
安楽な豪邸に住むことも求めない。
仕事によくつとめて、発言は慎重であり、
そのうえ有識者に教えを求め自らを正していく。
そういう人こそ学を好むといえるだろう。」




貴族であれば豪遊したり豪邸に住んだりせず
仕事にまい進し、言葉を慎み、
有識者に教えを乞う
と、貴族に対してその生活について
反省をうながした言葉です。
欲望に駆られず
もっと大切なものを求めていきたいものですネ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポワルのほほえみ

Author:ポワルのほほえみ
ポワルのほほえみは亀田駅近くのおいしいシュークリームとロールケーキのお店です。

ポワルのほほえみHPへ

facebookはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード