FC2ブログ

読書日記その61 「わが母の記」

CIMG4385.jpg

   「わが母の記」 井上靖 著

映画を観ましたが、題材はとてもいいのにどうもボク的
にはイマイチで....
しかし題材がいいとしたらきっと原作はいいだろうと思い
読みました。

思った通り原作には、著者の母が少しづつ老いてゆく様子、
著者の心情、周り家族の心情、そして老いてゆく母の心情
(これはただ著者や周り家族の勝手な推測ですが)がとて
もよく描写されていてとてもおもしろかったです。

これはいずれボク自身にも訪れることで、それが著者であり
主人公の立場だったり、老いてゆく母の立場だったり、とて
も複雑な面持ちでした。

老いてゆく姿がとても細かく描写されてるので、老いとは
どのようなものか、そして周りの家族というのはどのよう
な心境になるのか、とても考えさせられる小説でした。

ボクもまだ40ではありますが、刻一刻と老いに向かってます。
やり残すことがないように大切に生きたいと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポワルのほほえみ

Author:ポワルのほほえみ
ポワルのほほえみは亀田駅近くのおいしいシュークリームとロールケーキのお店です。

ポワルのほほえみHPへ

facebookはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード