FC2ブログ

映画日記その28 「サラの鍵」

サラ

       「サラの鍵」

昨年「黄色い星の子供たち」に大感動したボクとしては
この映画は見逃せません!

舞台はまったく同じナチス占領下のパリで行われたユダ
ヤ人迫害、ヴェルディヴ事件を題材にしてます。

レビューでもこの2作品を比較してるのが多いのですが、
ボク個人的には「黄色い星の子供たち」の方がとても感
傷的に観れました。

「サラの鍵」は現在のシーンと事件の起きた過去のシーン
が頻繁に行ったり来たりするので、過去の悲惨な出来事
のシーンで気持ちが入り込んでも、いきなりシーンが現在
に戻るとちょっと気持ちが覚めてしまう感があってちょっ
と残念でした。まったく個人的な意見ですが.....

しかし2作品とも戦争の悲惨さ、人間の愚かさが十分に
描かれていてとても良い作品だと思います。

「黄色い星の子供たち」でも言いましたが、現在では
正義とされているものも、時代が変わると悪になること
があります。原発問題は今の時代では必要とされてますが
、次の時代では原発は人間の作りだした愚かな遺産となっ
ているかもしれません。っていうか、そうであってほしい
ものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポワルのほほえみ

Author:ポワルのほほえみ
ポワルのほほえみは亀田駅近くのおいしいシュークリームとロールケーキのお店です。

ポワルのほほえみHPへ

facebookはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード