FC2ブログ

論語日記その10 学而第一の十

最近、論語日記がおろそかになってきたので

論語日記を書くために早めに出勤しました。

これから忙しくなっていく時期になりますが

できる限り継続していきたいと思ってます。


学而第一の十
子禽(しきん)、子貢に問いて曰く
「夫子(ふうし)の是(こ)の邦(くに)に至るや
必ずその政(せい)を聞く。
これを求めたるか、仰(そもそ)もこれを与えたるか。」

子貢曰く
「夫子は温良恭倹譲(おんりょうきょうけんじょう)
以(も)ってこれを得たり。
夫子のこれを求むるや、
其(そ)れ諸(こ)れ人のこれを求むるに異なるか。」


子禽が子貢にたずねた。
「先生(孔子)はどこの国にいかれても
必ずそこの政治の相談を受けられます。
それは先生から相談を求めたのか、
それとも国王から持ちかけられたのでしょうか。」

子貢が答えた。
「先生は”温良恭倹譲”の五徳を
備えておられるのでどこの国でも相談を
受けられることになるのです。
先生から相談を求めても
他の人の求め方とは違うらしいですよ。」


”温良恭倹譲(おんりょうきょうけんじょう)”とは
「おだやか」「素直」「謹み深い」「慎ましい」「謙虚」
この五徳が備わってはじめて
品格のある素晴らしい人間といえます。
この言葉をみると、
自分は40年生きてるのにまだまだですね。
せめて人から相談されるような人間になりたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポワルのほほえみ

Author:ポワルのほほえみ
ポワルのほほえみは亀田駅近くのおいしいシュークリームとロールケーキのお店です。

ポワルのほほえみHPへ

facebookはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード