FC2ブログ

映画日記その95 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

ウルフ346630view001

      「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

証券会社を設立したジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は猛烈なスピードで成り上がっていきます。
富と名声を一気に手に入れウォール街のウルフとなった彼は浪費の限りを尽くして、そして転落していきます。


一人の青年が成り上がって大金持ちになり、そして転落するという一見ボク的には興味のそそるストーリーですが...




これはいけません.....

ただただ男の欲望を3時間垂れ流した映画です.....

3時間はいくら男でも飽きます....


印象として、成り上がっていくシーンは全体の1/10、そして豪遊に次ぐ豪遊のシーンは全体の8/10、そして転落していくシーンが最後の1/10....

つまり映画のほとんどが豪遊シーンです。

その豪遊シーンのほとんどがドラッグ、酒、そして女の裸やセックスシーン。

もうAVビデオかと思いました....


しかも3時間ですよ。

3時間のほとんどがそんなシーンですよ。

正直、面白く感じるのは最初だけで3時間見せつけられると男でも飽きますよ。





まあディカプリオはいつもこんな役ばかりで、まあお似合い!

良く言えばハマり役!

悪く言えば役者として幅がない...

まあそんなことはいいんですけどネ....




ただひとつ!

ディカプリオの
「オレにこのペンを売ってみろ」
という話。
(観てない人には解りませんが....)

この話だけは感心しました。。。




しかしこの映画...

付き合い始めたばかりのカップルが観たらどうなるんだろう....


などと余計な心配をしてしまいました...ははは



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポワルのほほえみ

Author:ポワルのほほえみ
ポワルのほほえみは亀田駅近くのおいしいシュークリームとロールケーキのお店です。

ポワルのほほえみHPへ

facebookはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード