FC2ブログ

読書日記その223 「最後の将軍 徳川慶喜」 



      「最後の将軍 徳川慶喜」 司馬遼太郎 著

幕末の中でボク的にいまいち人物像が掴めてないのが徳川慶喜です。

有能なのに生まれた時代が悪かったのか、無能なのに周囲に担ぎあげられたのか.....


ということで「翔ぶが如く」を読む前にちょっとこちらを読んでみました。


優れた行動力、明晰な頭脳、家康の再来といわれた慶喜でしたが、それなりの活躍を見せたのは禁門の変くらいです。

しかもそれは薩摩と会津の後ろ盾があってのことでしたが.....


攘夷決行と宣言しては何もせずにさっさと将軍後見職を辞職する無責任ぶり。

長州征伐を宣言しては6日後には撤回する迷走ぶり。

大政奉還を決意するもそこには慶喜自身の大義名分がなし。

鳥羽伏見の戦いでは2万人の兵を大坂城に置き去りにして江戸へ雲隠れするお粗末ぶり。


徳川300年の間、慶喜ほどの明敏な頭脳をもった将軍はいないと云われました。

しかし家康のような、勝てぬいくさを勝てるようにする豪胆さがありません。

さらに慶喜は周囲には雄弁演技を見せておいて、自分は常に逃げ道を探るのです。

そもそも慶喜自身が将軍職をとにもかくにもやりたくないという一心でした。

しかし自分の意と反しながらもやらなければならないという状況だったようです。


これは明治維新後の西郷隆盛も似た状況になります。

西郷は維新後は国に帰って狩りや百姓をすることを望んでました。

しかし新政府の危機の度に何度も東京に呼ばれては

「これも天命。やるからには徹底的にやる。」

と責務を全うします。

慶喜の逃げの姿勢とは正反対です。


ボクの持論ですが、30代は西郷隆盛に学ぶべしと考えます。

30代は会社の重責を担うことが多くなります。

やりたくなくともやらなければならない状況は多々あります。

しかしそんな時は西郷のように、これも天命と思い全力で当たればおのずと道は開けてくるものです。

その西郷と対極にあるのが慶喜のような気がします。

西郷と慶喜の対照的な姿勢は二人の生い立ちにも関係してくるように思います。

生い立ちにまで触れると長くなるのでこれまで....


さて次は「翔ぶが如く」を読む!

楽しみ~♪


「篤姫」!



怒涛の忙しさが続き、かなりストレスが溜まってます。

そこでストレス解消に大河ドラマを観る!


しかし「軍師官兵衛」ではありません

観たいとは思うのですが、夜8時からの放送が微妙で....

この時間は忙しいとまだ仕事が終わってない場合があるのです。

そして一度でも見逃すともう次の週から観る気が失くしてしまいます。



あとこれはボク個人的な事ですが、


自分の生活習慣をテレビに合わせたくない。


つまり貴重な自分の時間をテレビごときに操られたくない。


ということです....
(はい、これをゴーイングマイウェイっと呼びます....


ドラマや映画はレンタルで自分の観たい時間に観る!

その他の番組は貴重な自分の時間を使ってまで観ない!





ということでレンタルで借りてきたのは


「篤姫」!


龍馬や西郷とはまた違った視点から幕末を感じたいと思います♪

幕末から明治維新はやっぱり面白い!!




毎年のことですが......




猛烈に忙しい3日間でした

毎年のことですが3月も終盤になると



欠品、欠品、欠品.....




品薄、品薄、品薄.....




そして人、人、人......





夢にお菓子が出てきそうです....

これって皆さんにはとても嬉しい事かもしれませんネ。

しかし今のボクには悪夢以外の何物でもありません.....




お客様にはご迷惑をお掛けしてしまいそうですが

「梅もちぱい」だけは切らさないように頑張ります!




あぁ.....手作りはつらい......

夢にうなされそう.....





映画日記その98 「ペコロスの母に会いに行く」

ペコロス346338view001

       「ペコロスの母に会いに行く」

長崎に実在されている認知症の母親とその息子の親子関係を描いた作品です。

ボク自身が誰かを介護するという経験がないので、この映画を観て想いを巡らすことはありません。

しかしいずれこの映画の岡野雄一さんの立場や、認知症の岡野みつえさんの立場になるとも限りません。



岡野雄一さんは仕事はいまいちうまくいきませんが、しかし母親の認知症には真正面から受け入れる姿にとても感銘しました。


そして認知症の母親の姿は、果たして認知症は当人にとって本当に不幸なことなのか、

いや実はそれほど不幸ではなく、むしろ過去へさかのぼって人生の集大成を体感することができるという一つの幸せな事なのではないか、

と考えさせられるものがあります。


これから日本はどんどん高齢化が進みます。

とても映画の中の出来事と片づけられない思いがしました。

読書日記その222 「ユニクロ世界一をつかむ経営」



    「ユニクロ世界一をつかむ経営」 月泉博 著

以前、柳井氏が経営者と商売人の違いについてTwitter で呟いた言葉を北尾吉孝氏がFB で評論してました。

その内容というのが、
商売人というのは商売自体が好きなだけで夢を持たない
しかし経営者というのは夢が出発点だ
ということです。

しかも吉田松陰「夢なき者に成功なし」の言葉を引っ張り出して・・・

この論評にはボク的には大いに疑問と反論があり、よっぽどコメントを書き込もうと思いました。




しかし!




........






小心者のボクは結局書きませんでした.......




ま、それはいいのですが、
そんな事があったらユニクロの本が読みたくなってこの本を読みました

ユニクロの本はだいたいそうですが、数字、数字、数字、あとはブランディングと広告宣伝。

売上高、経常利益、販売枚数の推移、目標値と結果の検証・・・

社会貢献も儲けに繋がらなければやるつもりはないと述べてます。

柳井社長というのは本当にストイックで会社もとにかくスピード重視です。

ボクのようなぐだぐだ人間ではユニクロはとても勤まりそうもありません。

だからというわけではないですが、これまで通り個人店の経営者として自分流でぐだぐだしながらやるのが一番だと思いました.....ははは


卒園・卒業式日和!!

DSCN0488.jpg

今日は久しぶりの春らしい青空!

最高の卒園・卒業式日和!!


ってことでポワルにはたくさんのお菓子のご予約をいただきました~♪



DSCN0487.jpg

今日は一日ずっと配達!配達!配達!

子供相手のケーキ屋なので毎年この時期は卒園・卒業のお菓子のご注文をたくさんいただきます。

和菓子店や和洋菓子店はお彼岸のお菓子がたくさん売れるでしょう。

しかしポワルは卒園・卒業のお菓子の方が多いです♪


卒園・卒業、おめでとうございます~♪ 

 

ランキングに異変が!



ポワル通の方ならご存知でしょうが、

岩橋は大のジャニーズおたくであります。



CDは最低2枚購入。
(聴く用と保存用)

部屋は壁一面ポスターだらけ。もちろん天井も....

キンキキッズと嵐が表紙の雑誌は内容関係なく購入。
(ちなみにキンキが表紙のエロ本がでたら買うの?と訊いたら、もちろん買うと申しておりました....)





これらはまだまだ序の口で、その他びっくりするような様々な逸話の持ち主です。

(全部書くと後で大変な目に合わされるのでここまでで....)




そんな岩橋に異変が!


今までの好きなジャニーズランキングは

1位 キンキキッズ 光一くん
2位 嵐 大野くん

でした。


しかしここにきてなんと
嵐の大野くんがランクダウン!!


なんと第4位!!!


おおおおおおおーーーーっ!!!!
なんということか!!!





しかもっ!



しかもしかもっ!!






第2位に躍進したのはなんと
ジャニーズではない模様です!!!



ええーーーーーーーっ!!



じゃあそいつは誰なんだっ!?






と、訊いたのですが

「シェフは知らないですよ」

と一蹴......



第3位は平成ジャンプの人だそうです。

これも名前を教えてくれません....






このように岩橋は秘密主義に変わってしまいました....





昔は何でも話してくれたし何でも教えてくれたのに....





恋愛相談にも乗ってあげたというのに.......





あ~あ...岩橋も変わったな......



















って、このようにボクがブログに書くからですネ.....ははは


ちょっとだけサボってみました。




ホワイトデー前のある日、


猛烈に忙しい中ちょっとだけサボってみました。





忙しい時ほど手伝わない。

スタッフの力だけでまわる仕組みをつくる。

スタッフの考える力と責任感と達成感を育む。




と、もっともらしいことを言い訳にして行き先は図書館! 

よくよく思い返しても図書館に行くのは小学校以来!








..............












図書館って恐ろしく静かなのね......













静か過ぎて挙動不審に......






プロフィール

ポワルのほほえみ

Author:ポワルのほほえみ
ポワルのほほえみは亀田駅近くのおいしいシュークリームとロールケーキのお店です。

ポワルのほほえみHPへ

facebookはこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード